災害時にポータブル電源の容量はどのくらい必要?おすすめのJackeryポータブル電源も紹介
災害時の非常用電源としてポータブル電源をお考えの方の中には、どのくらいの容量が必要なのか知りたい方もいるでしょう。 この記事では、災害時に必要なポータブル電源の選び方と、災害時にポータブル電源の容量をうまく使うコツを併せて解説します。 災害時に必要なポータブル電源の容量 最低限の生活ができる容量 災害時に最低限の生活ができる容量とは、冷蔵庫や照明器具などのように、使用しなければ生活が成り立たない家電製品に給電する電力量です。 災害時でも余裕を持って生活できるポータブル電源の容量の目安は、1000Wh程度です。 冷暖房器具が使える容量 夏や冬には冷暖房器具が必要なので、さらに大きな容量が必要になってきます。 冷暖房器具を常時使用するような状況を考慮すると、ポータブル電源の容量は2000Wh程度は欲しいところです。   また、ポータブル電源は容量のほかに注意すべきポイントもあります。詳しくは、ポータブル電源の選び方よりご確認ください。 災害時にポータブル電源の容量を使うコツ ソーラーパネルを使用する 災害時にポータブル電源の容量を上手に使うためには、ソーラーパネルの使用がおすすめです。 日中にソーラーパネルで充電しておけば、容量不足を補うことができます。 使用する家電製品に優先順位をつけておく 災害時にポータブル電源の容量を上手に使用するためには、使用する家電製品に優先順位をつけておくことをおすすめします。 電力を無駄遣いしないために、優先度の高い家電製品から順に使用するとよいでしょう。 災害時におすすめのJackeryポータブル電源 近年、さまざまなメーカーからポータブル電源が発売されているので、どの製品がよいのか分からない方もいるでしょう。 ここでは、災害時におすすめのポータブル電源を3種類ご紹介します。 Jackeryポータブル電源2000Plus 「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、Jackery製品の中でもトップクラスの大容量2042Whを持つポータブル電源です。 また、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しているので、充放電できる回数が従来のリチウムイオン電池よりも飛躍的に向上しています。 具体的には、4000回ものサイクル回数が可能なので、毎日フル充電しても10年以上使えるので、災害対策用としておすすめです。 https://www.jackery.jp/products/explorer-2000-plus-portable-power-station
ポータブル電源は初めてでも最低1000W必要?理由や選び方を解説
ポータブル電源とは、バッテリーに電気を蓄えておき、家庭用コンセントやUSBポートなどから様々な機器に電力を供給できる便利なポータブル蓄電池です。 キャンプや車中泊、災害時などに活躍しますが、初めて購入する場合は、どのくらいの出力や容量のものを選べばいいのでしょうか? この記事では、1000Wクラスのポータブル電源がおすすめな理由や選び方を解説するとともに、おすすめの商品も紹介します。 1000Wクラスのポータブル電源がおすすめな理由 1000Wクラスのポータブル電源がおすすめな理由は、おもに次の3つです。 消費電力の高い家電も使える ポータブル電源の出力は、接続できる家電の種類や時間に影響します。 出力が低いと、消費電力の高い家電や機器を使うことができません。 例えば、ドライヤーや炊飯器、冷蔵庫などは、500W以上の出力が必要です。 1000Wクラスのポータブル電源であれば、これらの家電も利用できます。 また、冬のキャンプでは電気毛布があると快適に寝られますが、1000Wクラスのポータブル電源であれば、10時間以上利用可能です。 複数の家電を併用できる ポータブル電源の出力は、接続された家電や機器の合計消費電力以下であれば問題ありません。 つまり、出力が高ければ高いほど、同時に使える家電や機器の数が増えます。 1000Wクラスのポータブル電源であれば、例えばスマホやタブレットなどの小型機器と、ドライヤーや炊飯器などの大型家電を同時に充電や使用できます。 キャンプや車中泊などで複数人で利用する場合に便利です。 さまざまな用途に使える ポータブル電源は、キャンプや車中泊だけでなく、災害時や停電時にも役立ちます。 特に、日本では地震や台風などの自然災害が多く発生するため、非常用電源として備えておくと安心です。 1000Wクラスのポータブル電源であれば、冷蔵庫や照明などの生活必需品を動かせるので、停電時でも普段と変わらない生活ができるでしょう。 1000Wクラスのポータブル電源を選ぶコツ 1000Wクラスのポータブル電源を選ぶときは、おもに次の3つのコツがあります。 容量の大きなモデルを選ぶ ポータブル電源の容量は、バッテリーに蓄えられる電気の量を表します。 容量が大きければ大きいほど、長時間や多くの家電を使うことができ、容量はおもにWh(ワット時)で表示されます。 1000Wクラスのポータブル電源では、容量はおよそ1000Wh前後のものが多い傾向にあります。 容量1000Whのポータブル電源の場合、消費電力が100Wの家電なら10時間使えますが、消費電力が500Wの家電なら2時間しか使えません。 自分が使いたい家電や機器の消費電力や使用時間を調べておき、必要な容量を見積もることが大切です。
シングルマザーがお小遣いを稼ぐ方法を紹介
シングルマザーは、仕事と家庭の責任を両立させることが困難な場合があります。しかし、テクノロジーやリモートワークの台頭により、シングルマザーが在宅でお金を稼ぐための選択肢はこれまで以上に増えています。この記事では、シングルマザーが自宅で仕事をしながらお金を稼ぐ方法をいくつか紹介します。 フリーランス フリーランスは、ライティング、グラフィックデザイン、ウェブ開発などのスキルを持っているシングルマザーに最適な選択肢です。UpworkやFiverrなど、フリーランサーと、彼らのサービスを必要とする企業や個人をつなぐウェブサイトがたくさんあります。フリーランスは、在宅で収入を得るための柔軟かつ有益な方法であり、シングルマザーが自分のスケジュールを設定し、興味のあるプロジェクトに取り組むことができます。 オンラインカジノ 最近では日本国内でオンラインカジノの人気が高まっています。オンラインカジノを利用する場合、ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどのゲームをプレイして、お小遣いを稼ぐことができます。 このようなゲームが得意な方は、日本 オンライン カジノでお小遣いを稼ぐことができるでしょう。 オンライン家庭教師 教師や家庭教師の経験があるシングルマザーは、オンライン家庭教師サービスを提供して収入を得ることもできます。現在、多くの家庭教師会社がオンラインサービスを提供しており、VIPKidのように英語を母国語とする人と英語を学びたい外国の子供たちを結びつけることを専門としている会社もあります。オンライン家庭教師は、柔軟性があり、やりがいのある方法でお金を稼ぐことができますし、子供と一緒に働くのが好きなシングルマザーにとっては素晴らしい選択肢になるでしょう。 バーチャル・アシスタント バーチャル・アシスタントは、企業や個人に対して、アポイントメントのスケジュール管理、Eメールの管理、ソーシャルメディアの扱いなどの事務的なサポートを提供します。コミュニケーション能力の高いシングルマザーに向いている仕事だと言えるでしょう。多くのバーチャルアシスタントはパートタイムで柔軟性があり、シングルマザーが仕事と家庭の責任を両立させることができます。 ソーシャルメディアマネジメント ソーシャルメディアの管理も、ソーシャルメディアに精通したシングルマザーにとって、柔軟かつ有利な選択肢の一つです。多くの企業や個人が、コンテンツの作成、コメントやメッセージへの対応など、ソーシャルメディアマネジメントサービスを必要としています。シングルマザーの場合、ソーシャルメディアのスキルを活かしてこうしたサービスを提供することができ、柔軟なスケジュールでクライアントと仕事をすることができます。 オンライン販売 手先が器用なシングルマザーや、商品を作る才能のあるシングルマザーは、自分の商品をオンラインで販売して収入を得ることができます。EtsyやAmazonなど、個人がオンラインショップを立ち上げ、顧客に直接商品を販売できるサイトがたくさんあります。オンライン販売は、シングルマザーが自分のスケジュールに合わせて働き、創造的な情熱を追求することができる、やりがいのある方法となります。 テープ起こし タイピングが得意なシングルマザーにとって、テープ起こしは選択肢のひとつです。テープ起こしは、音声やビデオの録音を文書に変換するもので、在宅で行うことができます。フリーランサーを雇うテープ起こし会社はたくさんあり、TranscribeMeやRevなど、新しいテープ起こし担当者にトレーニングやサポートを提供する会社もあります。 結論として、シングルマザーが在宅で仕事をしながらお金を稼ぐ方法はたくさんあります。これらの選択肢は柔軟性があり、有利で、シングルマザーが仕事と家庭の責任を両立させることができるものです。シングルマザーは、自分のスキルや興味に合った仕事を探すことが大切です。献身的に努力すれば、シングルマザーもネット社会で成功し、自分自身と家族を養うことができるのです。
ルナクラシック(Luna Classic / LUNC)とは?通貨の特徴を分かりやすく解説
ルナクラシック(Luna Classic / LUNC)は2022年5月にUST(TerraUSD)と米ドルのディペッグが発生して価格が暴落したルナ(Luna /LUNA)の混乱に対応するために誕生した暗号資産(仮想通貨)です。取引所などではTerra Classic(LUNC)と表記されておりますが、Terra Classic(テラクラシック)がブロックチェーンの名前でLUNCがトークンの名前です。 本記事ではルナクラシック(Luna Classic / LUNC)の誕生の経緯や特徴などを紹介します。 ルナクラシック(Luna Classic / LUNC)の概要と誕生した経緯 ルナクラシックの基本的な情報 通貨名 : ルナクラシック(Luna Classic) ティッカーシンボル : LUNC 発行上限 : 6.5兆LUNC ブロックチェーン名 :