あなたにはどっちが最適?ポータブル電源と蓄電池の違いを知ろう
ポータブル電源と蓄電池の違いってどこ?
ポータブル電源と蓄電池、どちらも電気を貯める充電池ですが「何が違うの?」と思う方も多いのではないでしょうか。 本記事では、ポータブル電源と蓄電池の違いから、ポータブル電源と蓄電池の失敗しない選び方まで紹介します。 目次 1.ポータブル電源と蓄電池の違いってどこ? 蓄電池 ポータブル電源 2.ポータブル電源と蓄電池の失敗しない選び方 蓄電池がオススメな方 ポータブル電源がオススメな方 3.幅広いユーザーの安心にJackeryポータブル電源 4.まとめ   1.ポータブル電源と蓄電池の違いってどこ? ポータブル電源と蓄電池ですがどちらも、簡単に説明すると大きな充電池です。 それぞれの差は機能と用途にあります。 蓄電池 ここでは家庭用の蓄電池を前提に紹介しますが、基本的には太陽光パネルを含むシステムの一部です。 太陽光システムとして家に導入するため大規模の工事を伴い、蓄電池は動かすことが出来ません。 基本的な用途は、自宅で発電した電気を無駄にならないようにためて有効活用する他、非常時のバックアップとして活躍します。 蓄電池のモデルによっては、エコキュートや大型のエアコンなどの200V機器の動作にも対応しているほか、停電時には家全体に電気をおくることができます。 ポータブル電源 使用用途のイメージとすると充電池を大きくしたものと考えると良いでしょう。 蓄電池同様、電気をためておき電源のない場所で使用するという使い方です。 蓄電池とことなるのは、持ち運びが可能で充電さえしてあれば屋内外問わず使用可能です。 蓄電池は戸建住宅以外での設置が難しいのに対して、ポータブル電源  は集合住宅を含めて太陽光システムを設置出来ない方でも利用できます。 2.ポータブル電源と蓄電池の失敗しない選び方 蓄電池とポータブル電源にはそれぞれ違いがあるため、自身がどのような用途で使用するかを明確にしておくと良いでしょう