ソーラーパネルと蓄電池の使い方を知る
ソーラーパネルと蓄電池の基本機能
ソーラーパネルや蓄電池というと、電気を発電するもの、電気を溜めるものということはわかるかもしれません。 しかし、ソーラーパネルや蓄電池を置けばすぐ使えるというわけではないので、家庭用のソーラーパネル蓄電池の基本機能から違いまで解説します。 目次 1.ソーラーパネルと蓄電池の基本機能 2.家庭用蓄電池は取り付け蓄電池とポータブル電源、どちらがおすすめ? 2.1家庭用蓄電池の特徴 2.2ポータブル電源の特徴 3.ソーラーパネルと蓄電池のセットならJackery Solar Generatorがおすすめ! 4.まとめ 1.ソーラーパネルと蓄電池の基本機能 ソーラーパネル(太陽光パネル)と蓄電池の主な役割は以下のとおりです。 ソーラーパネル(太陽光パネル) 日光を利用して発電し電気を生む 蓄電池 発電した電気を溜める、電力会社から供給される電気を買って溜める 一般的に、取り付け型の家庭用のソーラーパネル(太陽光発電パネル)や蓄電池は製品単体で機能しないため、太陽光発電システムとして複数の機器を含む一式の設備として記載されることが大半です。 家庭用の太陽光発電システムの場合、家電のように製品を買ってきて終わりということにはなりません。 必ず工事を伴う導入となるため設置は容易ではなく、特に集合住宅にお住まいの場合、1世帯の希望で太陽光発電システムを運用するということは現実的ではありません。 戸建てにお住まいであるといった制約はありますが、発電した電気を利用し節電ができる他、「FIT制度(固定価格買取制度)」に準じて余った電気を売ることが出来るのが特徴です。 2.家庭用蓄電池は、取り付け蓄電池とポータブル電源どっちがおすすめ? 太陽光発電システムとしての取り付け蓄電池とポータブル電源については、大きく特徴が異なります。それぞれの強みや弱み、違いについて紹介します。 2.1取り付け蓄電池の特徴 太陽光発電システムとして導入が必要なため工事が必要 200V機器対応のモデルもあり、非常時には家をまるごとバックアップ可能 家の照明はもちろん、エコキュートなども使用可能。 容量はポータブル電源と比較し大容量ものが多い。