ツイッターで伊右衛門がトレンドになった理由は?麒麟がくる本木雅弘が茶で毒殺

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

26日に放送されたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」2話で、サントリーお茶飲料「伊右衛門」が急上昇ワードとしてツイッターのトレンド入りする珍事があり、ネットが沸いた。

斎藤道三(本木雅弘)が、娘の嫁ぎ先である土岐頼純(矢野聖人)を、お茶で毒殺する場面が放送された。本木は長く「伊右衛門」のCMキャラクターを務めている。甲冑(かっちゅう)姿の道三が「まずは心を落ち着け、茶などお召し上がりくださりますよう」と、美しい所作で抹茶をたて始めると、「伊右衛門のモックンがお茶たててる」とSNS上がざわざわ。道三が都で流行る歌を節をつけて歌う中、一気に飲み干した頼純が苦しみ出して絶命した。

このシーンで「こんな恐ろしい伊右衛門あるかぁぁ」と視聴者が一気に反応。「サントリーさん、ドラマだから許して」「サントリーの風評被害を気にするタイムラインになごむ」「実況が盛り上がるこれぞ大河」などと大いに沸いた。

その後もタイムラインは「伊右衛門」でにぎわい、「いま飲んでる伊右衛門のボトルに『抹茶の甘み』って書いてあってこわい(笑)」など次々とツッコミツイートがアップ。「麒麟がくる」のタイトルにかけて「キリンの生茶は来ないのか」も人気ツイートに。「タイトルはキリン、ナレーションの市川海老蔵は伊藤園、主演の長谷川博己はサッポロ」と、偶然に沸くツイートも続々と拡散された。

今更ながら知りました。

そんなことがあったのですね^^

この事態を受け、この日伊右衛門の公式ツイッターは、CMで妻役を演じている宮沢りえが湯飲み茶わんを手にほほ笑む画像を添付して、「昨晩は、主人が熱演のあまり、皆様をお騒がせしましたようで、すみません。まずは心を落ち着け、茶などお召し上がりくださりませ。妻より」とツイート。「サントリーがくる」のハッシュタグもつけた。

 

スポンサーリンク

ツイッターで伊右衛門がトレンドになった世間の反応は?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました