時代布と時代衣装の池田由紀子さんの経歴、ikkoさんとの関係、マツコ着物の世界

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

皆さん着物を着る機会はありますか?
お茶や日舞を習っている人は、周りで来ている人もいますが、一般の方はそこまでないでしょう。
成人式で着たきり、あとは友人や親せきの結婚式くらい・・ということもあるのでは?

2020年1月28日(火)の『マツコの知らない世界』着物の世界に、約2万点の着物をもつ着物デザイナー池田由紀子(いけだゆきこ)さんが出演されます。

今回は『マツコの知らない世界』での、着物の世界に出演される池田由紀子さんについて調べました。

 

今回は

実家のタンスで眠っている、お古の着物が大変身!今風に着こなすテクニック伝授&マツコが着物コーディネートに挑戦する

とのこと。

いったい、どのような内容なのでしょう。

スポンサーリンク

時代衣装コンセプトと、着物の世界の池田由紀子さんのプロフィール

着物を着るとおばさんになってしまう 〜 なんてとんでもありません。ご自分らしく着物をお召しになるお手伝いをさせていただくのが池田コーディネートです。

タンスの中に眠っているお気に入りの着物や帯もお持ちください。若い方でもお求めやすいリサイクルのお着物から新しくお仕立てするオリジナルまで幅広く承っております。洋服のとき以上に色っぽくなり、女っぷりが上がる着物の魔力を楽しんでみませんか。

時代衣装HPより

 

東京都港区白金台にある『時代布と時代衣裳 池田』の2代目店主であります。
創業者は母である池田重子さんで、後を継いだ由紀子さんは次女だそうです。

創業者であり母である着物デザイナー・着物コレクター、池田重子さんの後を継ぎ、「時代布と時代衣裳 池田」店主になり、その後は着物文化を次世代へ伝える活動を行っている。
着物、帯、和装小物全般、古裂などを扱っているとのことで、着物や帯に関しては、リサイクル品からお仕立て、デザイン、コーディネートまで幅広く扱っているようです。着物を着始めたかたから、長年親しまれているかたまで皆様にご愛顧いただいております。
美容家・IKKO様にもご贔屓いただき、着物デザインから、コーディネートまでさせていただいております。当店舗以外で「池田重子きものコレクション」、「夢工房」という二つのブランドでオリジナル着物や浴衣を ツカモト市田株式会社 と制作し、百貨店などで販売いたしております。

『どんだけ~』のフレーズで人気のIKKOさんの着ている着物は、全て池田さん一家がデザインされていたんですね!

母、池田重子さんのプロフィール
1925年:横浜で生まれる。
1976年:幼少より第一級の美術工芸品や芸能に触れて養われた感性を生かして、東京の目黒に「時代布と時代衣裳池田」を開店。明治以降のきものや帯、帯留などの和装品全般のコレクターとしても知られるようになる。
1994年:コレクションを現代の美意識に合うようコーディネートし、「平成流」と銘打って展示した過去数回の「日本のおしゃれ展」はいずれも記録的な入場者数に達し、若い女性を中心とした「昔きものブーム」の先鞭をつけた。
コレクションの品々を様々なテーマで池田流コーディネートで粋に表現し全国各地で人気を博してきたが、2015年10月に89才で逝去。
その3年後、本人自ら企画した『日本のおしゃれ展 最終章』が開催。
亡くなる直前まで展示のための厳選・準備し続けていたとの事。

着物文化の発展に貢献し続けたスゴイ方ですね!
ちなみにちなみに池田重子コレクション 日本のおしゃれ展は今現在も開催されています。

 

IKKOさん曰く、着物は池田さんのものしか着ない

2017年6月に開催されていた『池田重子きものコレクション 日本のおしゃれ展』にてIIKOさんは着物は池田さんのものしか着ないというほどだとのことです。

「きものは、池田さんのものしか着ないと決めている」、「いろんなことを教えてくれた大先生」ときものを愛用し、大きく影響を受けたという話ですが、あのIKKOさんがそこまで言うなんて、凄い事ですね。

また、詳しくわかれば追記いたします^^

プロクレープ愛好家の辻元未奈美さんのプロフィール、マツコの知らない世界

コメント

タイトルとURLをコピーしました