バックステージ、キッザニアパスタスタンドのアミンさんダイヤモンドスーパーバイザーとは?

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1月19日バックステージ番組内容

 

子どもたちが様々な職業を体験できる今人気の「キッザニア」
お子さんのいる家庭では、なんどか聞いたことも行ったこともあるのではないでしょうか。


その舞台裏には、「スーパーバイザー」と呼ばれるプロたちの存在がいます。

今回の番組は、パスタスタンドの責任者に抜擢されたアミンさんの奮闘ぶりに密着します。

キャビンアテンダント、銀行員、消防士、自動販売機の運営管理を行うビバレッジサービスセンターなど、パビリオンと呼ばれる店舗などで子どもが様々な職業を体験できる職業社会体験施設「キッザニア」。日本では東京と兵庫県西宮市甲子園の2カ所、世界では28カ所で展開しています。
今回は「キッザニア甲子園」で新たにオープンするパビリオン「パスタスタンド」の責任者に抜擢された6年目のアミンさんに密着!子どもたちが心から楽しめる空間づくりを目指して奮闘する舞台裏を紹介します。

ダイヤモンドスーパーバイザー!入社6年目のアミンさん

 

まず、ダイヤモンドスーパーバイザーという言葉が聞きなれないので調べてみました。

キッザニアには、スーパーバイザー個々の力を伸ばすためにスーパーバイザー向けの研修制度を設けています。研修はステージ制になっており、各ステージに必要とされるスキルや知識を実地・座学を通じて身に付け、接客力を伸ばすことができるようになっています。

ステージは、6段階に分かれていて、その一番上が「ダイヤモンドステージ」です。

「ダイヤモンドステージ」のスーパーバイザーの人物像は、「全スーパーバイザーの規範・手本となり施設内でスーパーバイザーへ指導ができる人」です。

その「ダイヤモンドステージ」の中から選出され、スーパーバイザーの代表として、イベントでの司会進行やスポンサー様・マスコミ対応、研修での講師を行うのが、「プレミアスーパーバイザー」です。任期は半年です。

つまり、キッザニアのスーパーバイザーだけでも6段階に分かれていて、その中で1番上の段階ということですね。

アミンさんはこれまで13種類の職業のプロになりきり、子どもたちを楽しませてきた 入社6年目のベテラン!

新パビリオン「パスタスタンド」の責任者に抜擢されました。

番組内では、一語一句、間違えられない緊張感の中オープンまでの舞台裏と試行錯誤の連続!を特集しました。
緊張感の中、一生懸命に頑張るアミンさんには好印象を受けますね。

ぜひこれからもキッザニアで頑張ってほしいです^^

 

この番組のみどころは、華やかな舞台の裏側には、いつも“縁の下の力持ち”がいる…。世の中にある様々な「仕事」にスポットライトを当て、そこで働く人たちが内に秘める「熱き想い」を描くドキュメンタリーを描くということですが、出演する方はいつも困難を乗り越え自分で頑張る人。

つい応援したくなりますね。

 

「なぜ」その仕事を選んだのか?

その仕事にはどんな「苦労」が?

その仕事を「愛する理由」とは? 働く人たちの仕事への想いをリアルに描く。

MCに武井壮を迎え、働く人たちの「熱き想い」を見届ける。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました