令和に入った今年の子どもの名前1位 男の子は? 女の子は?トレンドは?2019

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

子供の名づけ迷いますよね。

我が家は娘が2人ですが、名字が1文字なので名前は漢字3文字でバランスよくしました。

皆さんは名前はどうやって決まりましたか?

我が家は生まれてくる子は女の子と分かっていたので、お正月に親戚みんなで集まった時に決めました。
2人目は、家族で・・・

字画やバランス、この漢字を遣いたいなど様々な意見があると思います。
みなが納得できる名前になるといいですね。

スポンサーリンク

令和に入った今年の子どもの名前1位 男の子は? 女の子は?1位が決定!

ことしの子どもの名前1位 男の子は「蓮」 女の子は「凛」

ことし生まれた子どもの名前で最も多かったのは、男の子が植物の「はす」を表す「蓮」(れん)、女の子は、りりしくきりっとした様子を表す「凛」(りん)だったという調査がまとまりました。
生命保険大手の明治安田生命は、保険の契約者の情報をもとに、毎年、その年に生まれた子どもの名前を調べています。

今回は1万6800人余りの名前を調べました。このうち男の子で最も多かったのは、2年連続で植物の「はす」を表す漢字の「蓮」という名前でした。

次に多かったのは太陽の「陽」に飛翔の「翔」を合わせて「はると」や「ひなと」などと読む名前と、「新しい」の漢字1字で「あらた」などと読む名前でした。

女の子で最も多かったのが、りりしくきりっとした様子を表す漢字の「凛」でした。次に多かったのは、太陽の「陽」と植物の「葵」を合わせて「ひまり」や「ひなた」などと読む名前、その次は、「結ぶ」に「愛」を合わせて「ゆあ」や「ゆいな」などと読む名前と、植物の杏を表す漢字で「あん」や「あんず」などと読む名前でした。

一方、名前の読み方では、男の子は11年連続で「はると」が最も多く、次いで「そうた」、その次が「みなと」でした。女の子は「めい」が最も多く、次いで「ひまり」、その次が「はな」でした。

ことしは新しい元号になってから初めての調査となりましたが、新元号にちなんだ「令」や「和」の文字を入れた名前は上位に入らなかったのですね。

少し意外です・・・

調査した生命保険会社は「令和の漢字を使った名前は上位には入らなかったが、日本らしさや力強さ、それに前向きさを感じさせる名前が多く、新しい時代が意識されたのではないか」と分析しています。

 

人気の名前 トップ10を発表

<男子>()内は主な読み方
1位 蓮(レン)
2位 陽翔(ハルト、ヒナト)
新(アラタ)
4位 湊(ミナト、ソウ)
蒼(アオイ、ソウ、アオ、ソラ)
律(リツ)
7位 樹(イツキ、タツキ)
8位 大翔(ヒロト、ハルト、ヤマト、ダイト、タイガ)
悠真(ユウマ、ハルマ)
10位 朝陽(アサヒ)

<女子>
1位 凛(リン)
2位 陽葵(ヒマリ、ヒナタ、ヒヨリ)
3位 結愛(ユア、ユイナ、ユメ、ユナ)
杏(アン、アンズ、アンナ)
5位 紬(ツムギ)
6位 莉子(リコ)
7位 結月(ユヅキ、ユズキ、ユツキ)
8位 芽依(メイ)
美月(ミツキ、ミヅキ、ミズキ)
心春(コハル)
人気の名前(読み方) トップ10
<男子>
1位 ハルト
2位 ソウタ
3位 ミナト
4位 ユウト
5位 リク
6位 ハルキ
7位 コウキ
8位 イツキ
9位 カイト
10位 ソウスケ

<女子>
1位 メイ
2位 ヒマリ
3位 ハナ
4位 リン
5位 サクラ
6位 コハル
7位 アカリ
8位 ユイ
9位 ミオ
イチカ

思いのこもったいい名前ですね。

他にもいろいろある名前、キラキラネームに対する世間の声

 

流行りのいわゆる「キラキラネーム」も負けてはいません。

確かに最近読めない名前が増えてきましたね。
これからどうなっていくかは置いておいてそれぞれの親が思いを込めてつけた名前・・・

大切にしてほしいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました