『女子無駄』(女子高生の無駄づかい)岡田結実で連ドラ化

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おはようございます!
ご存じですか?この漫画『女子高生の無駄づかい』
以前アニメ化もされていましたよね。

 

私、子供が眠った後の楽しみとして漫画読んでしまうんです。
この、女子無駄も読んだことあります^^

スポンサーリンク

女子無駄ドラマ化 概要

 

 

女子高生活をただただ無駄に浪費する日常を描き、アニメ化もされた学園コメディー漫画『女子高生の無駄づかい』が、ドラマ化されることが明らかになった。テレビ朝日系金曜ナイトドラマ枠(毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域で放送時間が異なる)で1月スタート予定。主人公の「バカ」こと田中望役で主演を務めるのは、岡田結実。役に合わせて長かった髪もバッサリ切り、「ぶっ壊れる気満々です!」と気合十分に撮影に臨んでいる。

原作は、漫画家・ビーノ氏が「ニコニコ静画」への投稿したのが最初ですね。
KADOKAWAのウェブコミック配信サイト「ComicWalker」で連載がスタートしたのは2015年のことでしたね。
現在は「コミックNewtype」で連載中です。
「バカ」「ヲタ」「ロボ」という特徴的な呼び名の女子高生=JKたちが、男子ゼロの“女子高”という独特の空間の中で、“青春”をただただ無駄に浪費していくシュールで残念な毎日を描いた作品です。

 

女子高生たちだけでなく、幅広い世代からの圧倒的な支持を得て話題に。2019年にテレビアニメ化され、さらにファン層を厚くした。そして、2020年1月、この激ヤバJKたちが、漫画・アニメの世界を飛び出し、実写となって躍動する。

主演の岡田は、19年1月期に同枠で放送された『私のおじさん〜WATAOJI〜』で連続ドラマ初主演を務め、さまざまなバラエティー番組、モデルとしても幅広く活躍中です。
今作では、“変顔覚悟! ガニ股覚悟! 下ネタ覚悟!”で、すがすがしいほどのバカを快演する。
アニメや漫画を愛するツッコミ系腐女子「ヲタ」=菊池茜役に恒松祐里、頭は良いが感情が死滅している天才少女「ロボ」=鷺宮しおり役に中村ゆりかの出演が決定。

岡田、恒松、中村の3人が、どんなぶっこわれたJK像を体現してくれるのか。

これからが楽しみですね^^

こんな3人が通う、さいのたま女子高等学校(通称:さいじょ)1年2組の担任、「ワセダ」こと佐渡正敬を演じるのは町田啓太(劇団EXILE)
“とにかくリクルートスーツを着た女子大生が大好きな、残念独身教師”というクセの強すぎる役柄に挑む。

脚本・演出陣には、田辺茂範氏(劇団 ロリータ男爵)、矢島弘一氏(劇団 東京マハロ)、角田貴志氏(劇団 ヨーロッパ企画)、山田由梨氏(劇団 贅沢貧乏)、安藤奎氏(劇団 アンパサンド)、玉田真也氏(劇団 玉田企画)といった、ドラマ・映画だけではなく、舞台なども手掛ける新進気鋭の脚本家が、毎話交代で脚本を執筆。彼らが描いた世界を、『おっさんずラブ』『民王』の山本大輔氏、『過保護のカホコ』『同期のサクラ』の日暮謙氏らヒットメーカーたちが演出し、キャラクターたちを存分にドラマの中で“遊ばせ”ていく。

 

岡田は「私が演じる『バカ』は本当にバカだなー!っていうのが第一印象でした(笑)。でも高校時代、『私もこんなことやってたな』って懐かしくなりました。周りのみんなには『役作りしないでもいけるじゃん』って言われたので、『なにくそ!』って思いながら今、ここにいます(笑)」と、コメント。
子どもの頃以来のショートカットに、「自分でも朝起きて鏡を見るたびに『おおおお!』って驚いています(笑)。ただ家族からは不評…。皆さんには髪型も含めて愛してほしいです(笑)」と、呼びかけている。

女子無駄だラマ化の世間の声

『女子高生の無駄づかい』登場人物一覧

 

さいのたま女子高等学校の生徒
バカ / 田中 望(たなか のぞむ)
声 – 赤﨑千夏
本作の主人公。在籍クラスは1年2組→2年2組。ヲタやロボとは小学生からの友人で、よく3人でつるんでいる。ニックネーム通りバカで問題児である。クラス全員(自分と後から転入したリリィ以外)のニックネームを考えた。
ヲタ / 菊池 茜(きくち あかね)
声 – 戸松遥
ツッコミ役。在籍クラスは1年2組→2年2組。漫画家志望のヲタクだが、画力・ストーリーともイマイチ。低所得Pのファンである。
ロボ / 鷺宮 しおり(さぎのみや しおり)
声 – 豊崎愛生
在籍クラスは1年2組→2年2組。頭が良いが、感情が死んでいる。バカとヲタとは中学校が別になったが、高校ではさいのたま女子高等学校に入学して再びつるむようになる。家でペットの菌を栽培している。
ロリ / 百井 咲久(ももい さく)
声 – 長縄まりあ
在籍クラスは1年2組→2年2組。周囲に自身の小学生並みの身長を『かわいい』と言われることをコンプレックスとしているため、ナメられないために学校では反抗的な態度をしている。しかし、本来は心優しいおばあちゃん子。
ヤマイ / 山本 美波(やまもと みなみ)
声 – 富田美憂
在籍クラスは1年2組→2年2組。1年2組在籍時の出席番号は30番[4]。厨二病全開の高校生。金髪ツインテールで、いつも頬に絆創膏、右腕に包帯をしている。
マジメ / 一 奏(にのまえ かなで)
声 – 高橋李依
在籍クラスは1年2組→2年2組。ニックネーム通りマジメの優等生。成績はいいが、心と頭が弱い。ロボに憧れている。
リリィ / 染谷リリィ(そめや リリィ)
声 – 佐藤聡美
在籍クラスは1年2組→2年2組。父親がオーストリア人のハーフで、美人かつスタイル抜群。同性が好きな百合女子で、逆に男性に接触すると蕁麻疹がでるほど男性恐怖症。なぜかバカと接触しても蕁麻疹が出る。マジメの容姿に嫉妬しているが友人関係である。
マジョ / 久条 翡翠(くじょう ひすい)
声 – M・A・O
在籍クラスは1年2組→2年2組。ホラーやオカルト趣味を好む内気な性格のせいで友達が出来ず、不登校になりかけていた。妹の琥珀曰く「生まれてくる時に姉のコミュニケーション能力やまともな感性をすべて奪いとってしまった」。
ノラ / 野原 愛莉(のばら あいり)
在籍クラスは2年2組。2年生進級後から登場。人間不信で学校では一人でいることが多い。猫が好き。
ヒメ / 中村 詩子(なかむら うたこ)
在籍クラスは1年2組。バカ達の2年生進級後から登場。メイクやファッションに詳しく、学校ではあだ名に違わぬ美少女にメイクアップしている。実家がラーメン屋を営んでおり、小学生のころはとんこつの匂いがすることで豚と呼ばれいじめに遭っており、裏表なく接してきたバカに助けられた過去がある。

 

まとめ

世間の声を読んでもこれだけ期待されている女子の無駄遣い。

ぜひドラマでも楽しい面白いという声が聴けるといいですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました