楽読(らくどく)の料金や口コミ、評判は?インストラクターになるには?宗教?詐欺?

スポンサーリンク
一般教養
スポンサーリンク

平井ナナエさん、、鴨頭嘉人さんのような名前を聞いたこともあるかと思います。

ああ、あと、ピース小堀さん・・・

 

どうなの?楽読って

速読みたいなやつ?宗教みたい?宇宙うちゅういっているし、呼吸法とかやってるし・・・
もしかして宗教~?ぷぷぷ、あやしい~なんか、気持ち悪いほどポジティブだし~

と思っている人も多いと思う、株式会社 楽読(かぶしきかいしゃ らくどく)

一度でもレッスン受けられた人は知っていると思いますが、ちょっと個性的な
あの雰囲気になれないとあの空間にいるのがつらくなりますよね。

それで離れてしまう人も多いと思う・・・
でも待って・・・

せっかく高い料金だしているのだから辞めるのはもったいない。
講師に相談しましょう・・・(正直に、あの空間にいるのは辛いでも、言いたいことを率直に)
解約希望なら、迷わず解約しましょう(転勤でも、親が病気で介護・・・)でもなんでもいいです。

講師は基本的に悪い人ではない(はず)なので、同情しながら解約に応じるはずです。

スポンサーリンク

楽読とは?評判や口コミは?

楽読(速読)とは、文章を「速く読む」速読術のことです。「速く読む」ということは多くの情報を処理するということ。「楽読(速読)」を訓練すると脳の回転数を上げて多くの物事を同時に処理することが出来るようになるので試験・受験や仕事など広く応用できます。株式会社 楽読では、ただ速く読むだけでなく、楽に速く読める「楽読」スタイルで、理解度も重視しお一人お一人に合わせて最短で速読を身につけられるカリキュラムを組んでいます。

 

 

楽読に入会する人ってどんな人?
速読に興味がある人 = かなりの読書家
かなりの読書家 = 向上心がある。努力家。ストイック。。。
そんなイメージを勝手に持っていましたが、普通の主婦の方や子供、学生などなどいらっしゃるみたいで、思っていたよりライトな講座です。
もちろん、イメージ通りのストイックな方もいらっしゃいますが、老若男女いろんな方が受講されています。
速読を受講する人は読書好きだと思っていましたが、そう言ったストイックな人ばかりではありません。
資格取得を効率よくしたいという人、単純に読書を楽しみたい人。
本を読みたいと言うより読まなければならない状況の人もいるようです。
目指すレベルも人それぞれです。
逆にあまり読書の習慣が無い人の方が変なクセがついていないので習得が早い場合もあるようです。
子供のうちからすると速読の習得は早いようです。
僕は色々な速読系の本を読んできましたが、文字を心の中(脳の中?)で音声化と言うのはどの書籍にも書いてありました。
これは楽読でも同じです。
文字を心の中(脳の中?)で音声化しないのはどんなジャンルの速読にとっても基本です

 

 

 

種別 総回数 期限 料金
体験料金 1 ¥3,000
楽読お試しコース(4回) 4 1ヶ月 ¥34,560
楽読学生コース(12回) 12 6ヶ月 ¥73,440
楽読習得コース (24 回) 24 1年 ¥138,240
楽読ゆっくり習得コース(48回) 48 2年 ¥241,920
楽読アドバンスコース(60回) 60 1年 ¥332,640
※コース料金に初期費用(¥8,640)が含まれています。

通常は、楽読習得コース (24 回)1年 ¥138,240
となります。

楽読」の速読トレーニングでは
毎回結果を数値化するので
数字で能力の向上を見ることができる。

これは『小さな成功体験』である。
これを繰り返し積み重ねた結果

転職したくても不安で転職できなかったのが
「辞めてもなんとかなる!」
と思え
会社を辞める決意ができ
そしてコーチの道を選んだ

 

「楽読」は
【小さな成功体験】を何度も繰り返すことで
「自分にはできない」が
「自分にもできるかも!」と
だんだん気持ちの変化も起きてくるのです。

その秘訣は
「楽読」独自のメソッドにあります。

 

ちょっと、楽読関係のアクセスの集まり方を確認したいので評判良ければどんどん書いていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました