バックステージ、掃除の達人のロックオン錫村、“日本特殊清掃隊とは?

スポンサーリンク
一般教養
スポンサーリンク

やっと一息つける~という方も多いこの時間・・・

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

今夜のバックステージは、新型コロナウイルスに立ち向かう、2人の“掃除の達人”が登場!“実演販売士”&“日本特殊清掃隊”のスタッフにも密着とのことですが・・・

コロナ騒動からやっと日常が戻りつつありますが、手洗い、うがい、指の消毒にマスクなど・・・まだ、かつての日常が戻ったとはいいがたいことが多くありますね。
やはり再開した施設でも、マスク着用でないと入店できない、指の消毒や体温の計測、〇組以上は入店できないなど決まりが多くあります。
先日再開した遊園地に行ってきましたが、乗り物の最初の席と最後の席しか乗せないなど、徹底していました。
並んでいる間はけっこう密ですが・・・それはいいのでしょうか^^

子供たちにいつも以上に手洗いをさせるなど敏感になってしまいますよね。

スポンサーリンク

BACKSTAGE新型コロナウイルスに立ち向かう!“掃除の達人”たちの最前線
2020年5月31日(日) 23時30分~番組内容

新型コロナウイルスに立ち向かう、2人の“掃除の達人”が登場します。
1日400万円を売り上げたこともある“実演販売士”ロックオン錫村さん・・・

彼は業界でも珍しい「掃除用品&洗剤」専門の実演販売士。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大により、多くのお客さんを集める彼の販売スタイルは、使えなくなってしまった・・・。そんな苦境の中、ロックオン錫村さんが、現在挑戦している仕事とはどのような仕事でしょうか。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の消毒作業を行った“日本特殊清掃隊”のスタッフは?

小さな子どもたちの通う学童保育所の安全を守るため、感染予防を目的とした消毒作業に挑みます。
1日売り上げ400万円!お掃除用品専門の実演販売士の“必殺テクニック”とはどのようなものでしょうか。
「掃除」に懸けたロックオン錫村・・・宝物は“汚れた換気扇”!?
新型コロナウイルスに立ち向かう!「ハウスクリーニング」
緊迫の「クルーズ船」消毒作業・・・日本特殊清掃隊スタッフの証言
子どもたちを守れ!学童保育所「感染予防」消毒作業に潜入取材をします。

「掃除」に懸けたロックオン錫村さんのプロフィールは?

【実演販売士】洗剤を愛し洗剤から愛された男
茂木和哉をプロデュースし、
お掃除業界に激震を走らせた若き天才販売士。

【ハウスクリーニングの錫村商店】
https://www.suzusho.shop/

横浜国立大学教育学部を卒業後、教員免許を捨てて実演販売の門を叩く。
とのことですが、まさか教員だったとは!

その頭脳明晰さ、圧倒的な声量、洗剤の膨大な知識を武器に家電量販店や東急ハンズなど数多くの店舗で最高売上記録を出し続ける。
2015年新宿ハンズの店頭にて1日に400万円(約4000本)洗剤を売り上げたのは伝説として語り継がれている。

びっくり!1日4000本も売り上げたのですね。

よっぽど、お客さんが欲しいと思えるようなトークだったのでしょうか?
洗剤がすごかったのでしょうか。
きっと、どちらもでしょうね。

【洗剤・掃除以外の仕事はしない】という異色の実演販売士であり、自身がプロデュースした水垢洗剤「茂木和哉」は数々のテレビ番組で紹介され、 わずか2年で累計110万本を超えるメガヒット商品となりました。
掃除への探究心を抑えられない錫村は実演販売の現場から離れ、大手のハウスクリーニング会社で数年間学んだのちハウスクリーニング店を開業しています。
どこまでも続く探求心。。。お見事です!

作業が丁寧で、説明が上手いハウスクリーニング店として評判を呼び、 大手口コミサイトにて千葉県内796軒のハウスクリーニング業者の中で堂々の第1位を獲得!
日々、掃除と向き合いながら掃除グッズの開発を行っているとのことですが。

取扱商品は、超電水クリーンシュシュ・水垢洗剤「茂木和哉」・風呂洗剤「頑固風呂」・瞬間油汚れ洗剤「なまはげ」・シミ取り専用酵素「純愛」・スッキリ君、エアコンシュシュ・くうきれいファン洗剤・ミラクリーン・掃除機・電子レンジ・コーヒーメーカー・LEDシーリングライト・電気式圧力鍋・炊飯器・骨盤ベル ト、シューズトレー・琉球ウコン粒・イタリア製歯ブラシ「ローリーブラッシュ」・口内保湿剤「スマイルハニー」・滑りにくいハンガー・圧縮保存容器・超音波器具 などがあるそうです。

うう~ん、どれもよさそう^^

主婦の味方???

新型コロナウイルス対策の特殊清掃業者とは?どんな仕事をするの?

 

昨今様々なウイルスや感染症などが発生し、様々な除菌方法の情報が飛び交っていますよね。
飛沫感染、エアロゾロ感染、空気感染などの専門的な言葉も飛び交いますが・・・

私のような素人にはわかりませんが・・・
我々特殊清掃業者は消臭業者と言うイメージもありますが、実は除菌業者でもあるのです。
一番の対策は、家から出ず、会社も休業する事です。
↑それは生活がストップしてしまうので、無理ですね・・・

それはわかっていても、会社の存続がかかっていたり、家庭の収入の問題などもあり経済活動を止める訳にはいかない事が実情なのではないでしょうか?
今回は特殊清掃業者が新型コロナウイルス対策をも視野に入れ提供する空間ハイブリット除菌についてです。
特掃隊ではできる限りの方々の不安を取り除けるように技術で貢献したいと考えております。

ダイヤモンドプリンセス号の新型コロナウイルス除菌消毒作業の流れは?

除染スペースの確保
コロナ除染作業を行う際にはウイルスが飛沫します。飛沫したウイルスは落下し床など蓄積します。また作業員の防護服などにも付着しますので、衣類の着替えるスペースを設置する事で2次感染を防ぎます。
オゾン燻蒸作業
高濃度のオゾン発生器を用いて、作業前に空間洗浄を施します。
作業員へのウイルス感染リスクを抑える為の処置です。
高所の除菌作業
壁等の消毒作業を行います。この作業は全て手作業の人海戦術で行われます。
一方向で拭き上げを行う事でウエスの表面に付着した菌を拡散しないよう注意しながら作業を行います。
床等の除菌作業
床面の消毒作業を行う際には、床に大量の消毒剤を散布いたします。
消毒剤を数分間湿らせ、その後に水分をクリーナーで除去します。
バイオ散布
菌が死滅した室内は、人間にとっても有効な善玉菌をも死滅させています。
その為不安定な空間が出来上がりますので、そこに新たな善玉菌を入れる事で、安定的な空間を作ります。
退出作業
現場の中に持ち込んだ道具なども、全て消毒します。
キチンとした消毒を徹底する事で2次感染のリスクを防ぐのです。

なるほど、さすがプロですね!

バックステージというだけあり、様々な方の協力で日常が成り立っているのですね。

勉強になります。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました