激レアさんのエベレスト登山家の三浦豪太の父や祖父、経歴や学歴は?結婚や子供は?

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

今回の激レアさんは『鉄人すぎる祖父と父に振り回された結果、全然そんなつもりはなかったのにエベレストで大記録を達成しちゃった人』ですが、一体どのような人なのでしょう?

番組に登場するゴウタさんと聞いてピンときました。
まさか、あの豪太さん・・・???

お父様やおじいさまもけた外れの元気さの、三浦家・・・
いったいどのような経歴や実績の持ち主なのでしょう。

番組内容
★激レアさん★ 鉄人すぎる祖父と父に振り回された結果、全然そんなつもりはなかったのにエベレストで大記録を達成しちゃった人とはいったい?

 

まずは、豪太さんの父、祖父についての情報から

スポンサーリンク

三浦豪太さんの父親の雄一郎さん、祖父の敬三氏とは

 

 

登山家の三浦雄一郎(1932-)が息子の豪太(1969-)とともにエベレストの登頂に成功しました。この時の雄一郎の年齢、80歳は、エベレストの登頂に成功した年齢としては最高齢です。

 

豪太さんの父親の、雄一郎氏はもともと冒険家として知られており、30代の頃からアドベンチャースキーヤーとして活躍していました。1970年にはエベレストの8000m地点からスキーでの滑降に成功するなど、いくつもの世界記録を打ち立てたのです。

しかし、引退して数年後に健康診断を受けた雄一郎は、自身がいくつもの生活習慣病にかかっていることを知り愕然とします。プロとしての活動を終えた後、自然と生活が不摂生なものになってしまっていたのです。そして、自らの生活を反省した雄一郎は70歳でエベレストに登頂することを決心しました。

現役スキーヤーの息子・豪太、90歳になってもなおモンブランなどで滑降している父の敬三(1904-2006)の姿が、雄一郎にこの決心をさせる原因となりました。三浦家は、敬三から三代続くスキーヤーの家系だったのです。

雄一郎は、自ら考案したリュックに重しを入れて移動するトレーニングや、心房細動治療を経て完全復活し、2003年に宣言通り70歳でのエベレスト登頂に成功しました。これは当時の世界最高齢記録でしたが、その後2008年、2013年にも登頂に成功し、最高齢記録をさらに塗り替えたのです。

2013年、80歳での登頂は特に厳しいものでした。もちろん、酸素ボンベなどの機器は最高のものが揃っており、シェルパたちも経験豊富でした。しかし、8848mを登り切った雄一郎は疲労困憊しており、頂上ではメディアからの取材も受けていたのです。

そして、標高6500mのC2まで下った雄一郎は、登山隊を全員無事で帰還させるためにベースキャンプまでヘリで帰還する決断を下します。このように、雄一郎の挑戦は、準備から下山に至るまで、確かな科学技術に支えられていたのです。

 

三浦豪太の経歴、学歴は?

三浦豪太さんは1969年8月10日生まれの48歳です。日本のプロスキーヤー及び登山家として活躍していて、最近は解説者やコメンテーターとしても活動されています。

祖父が山岳スキーヤーの三浦敬三さん、父が登山家の三浦雄一郎さんということで登山家、スキーヤーのサラブレットですね。

三浦豪太さんは中学の時からアメリカに留学していたそうです。ユタ州のローランドホール学院という高校を卒業してユタ大学に進学したそうです。

そして、日本に帰国してから順天堂大学の医学博士の学位を取得しています。医学の博士ってすごいですね。かなり頭がいいとなれないみたいだし、三浦豪太さんもかなり優秀な方なのでしょうね。

三浦豪太さんは登山家としての経歴もすごくて、1981年11歳のときにアフリカキリマンジャロを登頂したそうです。この11歳というのは最年少記録だったそうです。

11歳で5895mの山を登るってものすごいことですね。その後、スキー選手として1994年 リレハンメル五輪に出場し、ワールドカップや世界選手権にも出場しています。1998年の長野五輪では13位と健闘しています。

2003年には世界最高峰エベレスト(8848m)の登頂に成功し、初の日本人親子同時登頂記録を達成しました。親子でほんとに素晴らしい経歴を残していますね。

三浦豪太 嫁 子供

三浦豪太の結婚した嫁との馴れ初めは?

三浦豪太さんは2006年に結婚されています。お嫁さんの名前は加恵さんというそうです。嫁さんとの出会いは飛行機の中で、たまたま隣り合わせになって声をかけて交際に発展したそうです。

奥さんは三浦豪太さんが冒険家として有名で父親が三浦雄一郎さんであることもあとで知ったそうです。なんかすごい偶然の出会いですね。

 

ステキな家庭を築いている豪太さん・・・

これからもお幸せに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました