あいつ今の啓明学院出身の竹下友里絵の現在や大学や経歴は?タベモノガタリ株式会社

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

皆さんのお宅に、アベノマスクは届きましたか?
うちはまだなんです~、楽しみに待っているのですがね・・・

そうこうしているうちに普通にマスク手に入るようになってしまいましたね。

 

さて、

毎週楽しみにしている、あいつ今何してるを見ると、皆さん素敵で才能にあふれた方ばかりで・・・

こんな方に将来の日本をしょって立つ人がいてくれたらいいなと思います。

あいつ今何してる?食生活変える!?(秘)才女、2020年5月27日19時00分の回もすごそうです。
一体どんな天才が出てくるのでしょうか。

スポンサーリンク

あいつ今何してる?食生活変える!?(秘)才女、2020年5月27日の放送内容

兵庫県神戸市の進学校・啓明学院中学校高等学校で、教師が話しかけられないほどのオーラを放っていたという奇才女子生徒!“全教科トップクラスの学力”で“ずば抜けた英語力”を持ち、教師が「どんな人生を歩むか楽しみ」と伝えたという奇才卒業生は今?調査してみると…現在、日本が直面している大きな問題に立ち向かうスーパーウーマンに!?我々の食生活を変える!?スーパー才女の正体とは?

一体どのような方なのでしょうか。

調べました。

竹下 友里絵(たけした ゆりえ)さんのプロフィールは?

高校の留学時代にホストファミリーの食べ残しを見て衝撃を受け、世界の食のアンバランスについて問題意識を持つ。関西学院大学総合政策学部入学後、より食を探求するために神戸大学農学部に3年次編入。卒業と同時に生まれ育った神戸で「八百屋のタケシタ」を創業し、生産者と消費者に寄り添った対面販売を展開している。

その人の名前は竹下友里絵さん。
今はタベモノガタリ株式会社の代表取締役のようですね。
どのような人でどのような活動をしているのでしょう?

啓明学院高校時代には国連やJICAの職員の職員になりたいという夢のために
2年生の時に英語の勉強でカナダのバンクーバーに一年間留学しました。
カナダ留学ではホームステイをしていましたが、そこではひどい食べ残しがあり
それを簡単にごみ箱に捨てていたのです。

「一方では食べモノがたくさん捨てられ、一方では食べられずに死んでいく人もいる」
という食に対するアンバランスさに問題意識を持つことになります。

確かにその通りではありますが、ほとんどの人は見過ごしてしまう問題でもありますね。

そこに問題提起し、解決するため追及していく姿がステキです。

大学は関西学院大学総合政策学部に進学、国際協力を学び
神戸大学農学部へ3年次に編入します。

その後、休学しデイブレイク(株)や(株)坂ノ途中で合わせて一年間インターンシップで
ビジネスを学びました。
復学後の2018年4月、大学在学中にタベモノガタリを創設しました。

2019年2月には(株)ボーダレス・ジャパンのグループ会社としてタベモノガタリ(株)を創業しました。

なんだか性格まで、めちゃくちゃよさそう

過去のインタビュー記事がありましたので、掲載します。

—どのような経緯で現在の流通事業を始められたのでしょうか?
私は「食べられずに死んでしまう人がいる一方で、食べ物がたくさん捨てられてしまっている」というアンバランスに問題意識を持っています。その問題意識が、フードロスをなくしたいという思いにつながりました。あまり知られていませんが私の出身地である神戸は、果物が盛んな地域で桃やぶどう、イチジクなどが栽培されています。それらの規格外品がたくさん出て廃棄されている現状を知りました。
そのため、最初は冷凍加工したフローズンフルーツとして販売する事業内容を予定していましたが、ビジネス未経験でマーケティングの力も弱い中、いきなり加工品を作るのは自分の身の的に合っていない事業だと思うようになりました。神戸は農業が盛んな一方で、パンとかケーキの町とも言われています。実際に店舗数も多いので、加工用の果物をパン屋やケーキ屋さんに持っていけば、ピューレやジャムにしてもらってと上手く繋げることができると思い、加工用の果物の流通事業を始めようと考えました。そこから実際に農家さんと関わる中で、果物よりも圧倒的に野菜農家さんが多く、果物だけに焦点を絞って事業するのが心苦しくなりました。そのため、隔てなく野菜も扱える事業にしたいなと思い、今の生鮮販売の流通の形になりました。

隔てなく野菜も扱える事業にしたいなと思い、今の生鮮販売の流通の形にとありますが、確かに規格外は処分なんて、もったいなさすぎる。

 

—JAなど規格を決めている方々からの反感はないのですか?
まず一つは、規格を決めている組織ほどの量を扱っていないのはあると思います。「農家のためになるんだったらいいよ」と彼らも言ってくれています。
これも一種の役割分担ではないでしょうか。JAや卸売市場が担う機能は、大きな人口都市を支えるための基盤として存在しています。私達の小さな八百屋は、それらの流通の中で取り残されている規格外品や技術不足の新規就農者が栽培したものなどを、各地域でサポートできたら良いと思っています。

では最後に啓明学院高校は、どのような学校か調べてみました。

 

啓明学院高校は、兵庫県神戸市に位置する、キリスト教の私立高校です。中学校からの内部進学生と、高校からの外部進学生を第1学年から混合して学ぶ、併設型の中高一貫校で、関西学院とはランバス関係姉妹校となっています。学科は「普通科」で、文系と理系に分かれています。平日の週5日は必修のカリキュラム、土曜日は自由に選択できる講座を受け、一人ひとりの目標やレベルに合わせて学習を進めることができます。 部活動においては、15の運動部と15の文化部、3つのサークル・同好会が活動しています。中でもダンス部は、夏の日本高校ダンス部選手権で全国大会準優勝したことがあり、目覚ましい活躍を見せています。出身の有名人としては、フジテレビアナウンサーの永島優美がいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました