古佐小基史こさこもとし、愛光学園で教師が「神」と 呼んだ超天才?ジャズハーピスト

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

3月25日放送の「あいつ今何してる?3時間SP」では番組史上最高に予測不能な天才が
出演するそうです。

ジャズハーピスト、古佐小基史さんの現在の暮らし、家族(妻や子供)についても調査してみました!

古佐小基史さんは、愛媛が誇る全国屈指の名門愛光学園で教師が「神」と
呼んだ超天才なのだそうですが、現在はアメリカのカリフォルニア州サクラメントで2万坪の敷地の中自給自足のような生活をしているらしいです。

自給自足をしながら世界に10人といない職業に就いたのですね。

その人の名前は古佐小基史(こさこもとし)さん。
どの様な人でどのような職業についているのか少し調べてみました。

世界に10人もいないまさかの職業とは、ジャズハーピストという職業です。

スポンサーリンク

ジャズハーピスト古佐小基史さんのwiki風プロフィールは?

 

アメリカ在住ハーピスト、即興演奏家、作曲家。クラシック以外の音楽ジャンルでのハープの可能性追求と普及、真に心に響く音楽製作を目指して活動中。東大医学部保健学科卒業、保健師、看護師の資格もあり、柔道弐段。

 

古佐小さんは1971年に愛媛県松山市で生まれます。

3歳からクラシックピアノの個人レッスンを9年間受け
9歳から12歳まではブラスバンドでトランペットを演奏しました

愛光学園入学後は中学、高校と柔道部に所属しキャプテンも務めました。
先生に神と呼ばれたということなので、文武両道だったのでしょう。
さらにロックバンドでエレキギターとしても活躍しました。

その後、東京大学医学部保健学科に入学。
ジャズ研究部に所属し、ジャズギタリストとしてプロのジャズバンドで演奏したこともありました。

大学卒業後は東大大学付属病院精神神経科で看護師として勤務しますが
学歴や資格に守られて仕事をするということに疑問を感じ
1回すべてをリセットし実力で勝負するため1997年に渡米します。

渡米後はギタリストとして活動しますが、限界を感じてきたところでハープ
と出会ったのです。
アメリカの地元のオーケストラで「誰かハープ弾いてくれないか」という話があり
ハープを弾くことになりました。

そこからはほぼ独学でハープの演奏技術を習得。
2007年にはLyon-Healy Jazz & Pop Harp Competitionで日本人として初めて
ペダルハープ部門で二位に入賞しています。

古佐小さんは現在もジャズハーピストとして活躍中。

現地でアメリカの人と結婚し、カリフォルニア州サクラメントのシェラネバダ山麓の中腹
の2ヘクタールの敷地で自給自足のような生活をしているそうです。
家畜としてヤギやニワトリを飼ったり、有機野菜を作ったりして
口に入れるものはなるべく自分で作っているのだとか。
自然の中で生まれてくる音楽で音楽活動をしたいと思ったそうですね。

ジャズハーピスト古佐小基史さんのプロフィールをもっと詳しく見てみましょう。

 

道後聖母幼稚園、松山市立湯築小学校を経て、愛光学園に入学。
愛光学園時代には、中学、高校を通じて柔道部に所属し、中学部、高校部で32期のキャプテンを務め、中量級で中予ベスト4の実績を挙げる。
東京大学時代
東京大学理科二類に現役で合格し、同大学医学部保健学科に進学、 看護師、保健師の資格を取得し卒業。
卒業後は東京大学医学部付属病院精神神経科に看護士として勤務し、当時少数派だった大学卒の看護職として保健分野での活動が期待され、真興交易医学出版の『成人・老年臨床看護学』の部分執筆を担当し、新設の長野県看護大学の教員経のスカウトも受けるが、自分自身の本当の価値を見出すために学歴や経歴の通用しないところで生きてみたいという思いを抱いて、1997年に東京大学病院を退職し、渡米する。

自分自身の本当の価値を見出すために学歴や経歴の通用しないところで生きてみたいって、なかなか思えませんよね。

天才だからこその悩みでしょうか。

 

音楽的バックグランド
音楽に関しては、3歳から9年間ピアノの個人レッスンを受けるが、ピアノは「才能がない」と言われ、小学校時代はブラスバンドでトランペットを担当する。
中高時代は、部活動と並行してこっそりと校則に違反しアマチュア・ロックバンドでエレキギターを演奏する。大学入学後はジャズを志し、東大ジャズ研究会に所属。

音楽に関しては、3歳から9年間ピアノの個人レッスンを受けるが、ピアノは「才能がない」と言われとありますが、そういうものもあったのですね。

ちょっとホッとします。

ジャズハーピスト古佐小基史さんの現在の活動は?

 

 

ライフワーク・ライフスタイル
作曲家としては、自身のアルバム収録曲の作曲の他に、ドキュメンタリー番組(南海放送制作)「一枚のアラスカ-写真家松本紀生、17年目のアラスカ」などに音楽を提供。
また、三重県を拠点に公衆衛生の研究活動を行っているトータルヘルス研究会では音研究会代表を務め、2012年には音楽療法研究者として公衆衛生専門誌「保健の科学」に論文を執筆する。
2013年10月には、三重大学医学部看護学科で臨床環境看護学分野での取り組みとして「トータルヘルスと音楽」と題し、音楽演奏を織り交ぜた講義を提供する。

三重県を拠点に公衆衛生の研究活動を行っているトータルヘルス研究会では音研究会代表を務め、2012年には音楽療法研究者として公衆衛生専門誌「保健の科学」に論文を執筆するなど、音楽以外にも活動しているのですね。

「トータルヘルスと音楽」と題し、音楽演奏を織り交ぜた講義を提供するなど、音楽と合わせた様々な取り組みもされています。

 

通常のコンサートに加え、小学校から大学までを対象に学校訪問
(愛媛大学、聖カタリナ大学、 愛光学園、 星稜高校、愛大農学部付属高校、松山商業高校、松山中央高校、道後中学校、松山北中学校、椿中学校、湯山中学校、興居島小中学校、さくら小学校、湯築小学校、番町小学校、川上小学校など、様々な年齢層を対象にした講演会(カルスポカレッジ、倫理法人会モーニングセミナー、日本ハーブ協会愛媛支部、各種ボランティア団体主催イベントなど)、
作曲家対象のハープに関する講座、ハープ奏者対象のワークショップ、音楽療法に関する講演(松山日赤病院、三重大学医学部、トータルヘルス研究会)など、幅広い活動を展開している。
2011年の東日本大震災から半年後、愛光学園同窓生の皆さんのカンパを資金とし、愛光32期生の有志とともに被災地の病院、避難所数カ所にて慰問コンサートを行う。
カンパ頂いた寄付金の残金は、愛光学園卒業生有志からという形で若草リボンという教育基金に寄付をする。
松山市の姉妹都市であるサクラメント市のサクラメント-松山姉妹都市協会の会員として、松山市からの姉妹都市派遣中学生のホームステイ受け入れや渡航準備の指導など、姉妹都市事業にも積極的に参加している。

通常のコンサートに加え、小学校から大学までを対象に学校訪問や被災地の病院、避難所数カ所にて慰問コンサートなど、様々な取り組みもされています。

カリフォルニア、シエラネバダ山麓にある自宅では、妻と三人の子供と2ヘクタールの敷地に、ヤギ、ニワトリなどの畜産と野菜作りをする自家農園を設置し、自然との共存と持続可能なライフスタイルの実践を試みている。

妻と三人の子供と2ヘクタールの敷地に、ヤギ、ニワトリなどの畜産と野菜作りをする自家農園を設置し、自然との共存と持続可能なライフスタイルの実践って素敵ですね^^

幸せに暮らされている様子が伝わってくるようです。

 

あいつ今何してるの、過去の天才たちの記事もチェックしてくださいね^^

あいつ今の北千里高校の天才卒業生さんの戸嵜駿さんの漁師としての現在は?

あいつ今の上甲友規さん出身校や経歴は?愛光学園、一橋大学、AGC旭硝子BOTANIC

アカデミー賞ノミネート作に携わった甲南女子の画家の古賀陽子さん経歴、あいつ今

9歳で羽生善治と将棋少女「あいつ今何してる」越野沙織の現在は?東京大学でノーベル賞?

龍野高校、東京大学の超天才松久直司の研究内容や発明、学歴、経歴、現在、ノーベル賞?

株式会社ミラティブ 社長、広島の修道高校の天才、赤川隼一氏経歴、アプリMirrativ

コメント

タイトルとURLをコピーしました