情熱大陸ボクシングの堤駿斗の戦歴は?井上尚弥とライバル?オリンピックは?

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

今日もコツコツとブログ書いてます^^
今日の情熱大陸はボクサーです。

スポンサーリンク

3月15日情熱大陸内容まとめ

東京五輪で金メダルを目指す!20歳の孤高のボクサー・堤駿斗に密着します!

3月15日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系、毎週日曜23:00~)は、オリンピックを目指す20歳の孤高のボクサー、ボクシング日本代表候補の堤駿斗に密着する。
現在は、WBA世界ミドル級王者に君臨している村田諒太が、ロンドンオリンピックで日本人として48年ぶりに金メダルを獲得してから、8年。同じ道を歩み、間もなく開催される東京オリンピックでメダルを期待されているのが、東洋大の堤だ。

堤の格闘技人生のスタートは空手でした。
小学5年生の時に兄の影響でボクシングに転向、練習を重ねているうちに「ボクシングは、ただの殴り合いではない、技を磨きあったもの同士がリングで戦う競技」と考えるようになる。

ボクシングの奥深さを知り、日々汗を流すボクサーたちの姿に魅せられていった。
そして、東京でオリンピックが開催されることを知った時、少年の夢は明確に。「自分が現役中に日本でオリンピックが開催されることなんて、もうないと思います。プロで世界チャンピオンになるのは、その後でも間に合うし、その方が強くなる。まずは東京オリンピックで金メダルを目指します」と、堤の挑戦が始まったのだ。
ボクシングの名門・習志野高校(千葉)では、インターハイ、国体、選抜大会と高校6冠を達成。さらに、2016年世界ユース選手権で日本勢初の金メダルを手にすると、アマチュアのナンバーワンを決める2017年の全日本選手権でも頂点に立った。高校生での大会制覇は、3階級制覇の現WBA・IBF世界バンタム級王者の井上尚弥以来となる快挙だ。
目標を持ち歩み続ける息子に、両親は協力を惜しまなかった。父の直樹さんはボクシングの経験は無いが、息子が強くなるために自宅に練習部屋を作り、一緒にジムに通い、他の選手の練習やトレーナーの指導を見て、独学でボクシングを学び、時には録画した試合を何度も繰り返し見ては、息子にアドバイスを送った。そして息子の実力がついてくると、強い実戦練習の相手を探して奔走。いま、金メダルは息子の夢だけではない、一緒に歩んできた家族の夢になった。

そんな堤駿斗ですが、生年月日は1999712日で年齢は20
現在はボクシングの名門、東洋大学に通っています。東洋大学と言えば村田諒太が出た大学としても知られています。
出身地は千葉県千葉市。高校もまたボクシングの強豪校として知られる習志野高校の出身です。もともとは空手少年だったのですが、小学校5年生の時にボクシングを始めメキメキと頭角を現し、高校時代には「高校6冠」を達成。

同世代では無敵の強さを誇ったのですね。その活躍は国内だけにとどまらず、2016年には世界ユース選手権で優勝を果たします。実は世界ユースで日本人選手が優勝したのは史上初めてという事で、この実績を見ただけでも世界の同世代の中でもトップクラスの実力を持っている事がわかりますよね。
この実績をみただけでも、東京オリンピックでの活躍が今から期待でき、ワクワクします。
そんな堤駿斗ですが身長は171㎝、体重は62㎏で気になる階級は「バンタム級」です。おお~っと、バンタム級と言えばモンスター井上尚弥と同じ階級ですよね。

堤が目指すのは、「パンチをもらわずに打つ」という理想のボクシング。そのために努力は惜しまず、1日のほとんどをボクシングに捧げている。常に自分に足りないものを探し、強くなるには何が必要かを考えてきた堤。志高く、努力を惜しまず自分の信じた道を歩む姿は、まさしく孤高のボクサーだ。
先日行われたアジア・オセアニア予選ではまさかの1回戦負けを喫し、オリンピック出場枠獲得はならなかったが、5月の世界最終予選(パリ)での出場枠獲得を目指す堤。東京オリンピックで金メダルを目指す、20歳のアスリートに迫る。

堤駿斗(つつみはやと)プロフィールまとめ

名前:堤 駿斗(つつみ はやと)

出身:千葉県

生年月日:1999年7月12日

身長:171㎝

体重:56㎏

階級:バンタム級

所属:東洋大学ボクシング部

3人兄弟の2番目に生まれ、最初は空手を習っていたが小学5年生からボクシングとキックボクシングを始め、中学2年生からボクシングに専念した。習志野高校時代、高校6冠を達成した。習志野高校卒業後、東洋大学に進学!

中学では、

U-15全国大会 優勝
・アンダージュニア全国大会 優勝
・第1回全日本アンダージュニアボクシング王座決定戦 優勝

このように中学時代から強かったようです!

ボクシング日本代表候補/堤駿斗
習志野高校(千葉)ではインターハイ、国体、選抜大会と高校6冠を達成。さらに数々の大会でも頂点に立ち、快挙を達成。
東京オリンピックでメダル獲得の期待がかかる選手の1人だ。

堤駿斗 東京オリンピックでメダル獲得なるか!?

さて、先に紹介した村田諒太はロンドンオリンピックで金メダルを獲得しました。他の日本人ボクサーでメダルを獲得したのは、同じロンドンに出場したバンタム級の清水聡が銅メダルを獲得しています。

清水聡

他には1964年の東京オリンピックで桜井孝雄がバンタム級で金メダルを獲得し、過去わずか3人しかボクシングでのメダリストは誕生していません。

桜井孝雄

日本人にとっては高い壁となるオリンピックのメダルですが、堤駿斗には快挙を期待したいですね。

・・ってまだ出場は決定していません(汗)今後の選考大会は2020年2月に中国で開催されるオセアニア予選、そして5月フランスで行われる世界最終予選の2大会になります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました