ロックバンドKingGnuキングヌーのメンバーのwiki、CEREMONY

スポンサーリンク
一般教養
スポンサーリンク

 

ロックバンド/King Gnu▽今、最も勢いがありチケットが取れないバンド…去年8月から密着を開始!彼らが体現する“トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル”


番組内容
去年、テレビドラマ主題歌となった「白日」。1年たった今もランキングは上位に、ストリーミングは1億回再生を突破。その後、企業のタイアップ曲も多数手掛け、2019年紅白歌合戦にも出場!デビュー1年余りで破竹の快進撃を続けているKing Gnu。全ての楽曲制作を手掛ける常田大希は、King Gnuを1つのプロジェクトと銘打ち、終わりも見据え活動。音楽を通じ夢を共有している彼らに、去年8月から密着を開始!

ギター&ボーカルの常田大希(長野県・伊那市生まれ) ベースの新井和輝(東京・福生市生まれ) ドラムの勢喜遊(徳島県・阿南市生まれ) キーボード&ボーカルの井口理(長野県・伊那市生まれ) …常田大希と井口理は共に長野県伊那市出身の幼馴染

プロフィール
ロックバンド/King Gnu
2013年、常田が石若駿らと共に自らのソロプロジェクトとして前身となる「Mrs.Vinci」を結成。その後「Srv.Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)」へ改名 2015年、常田と知り合った勢喜が新井を誘う形で4人での活動を始める 2017年、バンド名を「King Gnu」に改名 2019年、メジャーデビュー。年末には、第70回NHK紅白歌合戦に出場する。

スポンサーリンク

King Gnuのメンバーのwiki風プロフィール

常田 大希(つねた だいき)

作詞作曲、ギター、ボーカル、チェロ、コントラバス、ピアノ、プログラミング、トラックメイキング担当。1992年(平成4年)5月15日生まれ、27歳。長野県伊那市出身。伊那市立伊那北小学校、伊那市立東部中学校、長野県伊那北高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部器楽科チェロ専攻に進学するが、「社会と結びついた音楽をしたい」という理由で中退。
小澤征爾の率いる小澤国際室内楽アカデミーにチェロ奏者として在籍していたことがある。
King Gnuにおける全ての楽曲の作詞作曲と、アートワークの統括をしており、バンドのリーダー兼プロデューサーでもある。
King Gnuとは別にソロプロジェクト「millennium parade(ミレニアム・パレード)」としての音楽活動も行っている。
クリエイター集団「PERIMETRON(ペリメトロン)」を主宰している[1]。
アニメ「血界戦線」のサウンドトラックにチェロ演奏、アメリカ版「ポケットモンスター」、映画「リバーズ・エッジ」、映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。」、ドラマ「拝啓、民泊様。」の音楽などへ参加している。他に、俳優 中野裕太らとの「Gas Law」(ギターとドラムを演奏)、人力ミニマル楽団「東京塩麹」(チェロ演奏)、スガダイローらとの「blacksheep」、有名ブランドへの楽曲提供も複数行っている。
第20回日本クラシック音楽コンクール チェロ部門 高校の部、第3位。
リットーミュージック最強プレイヤーズコンテスト2009 ベース部門、準グランプリ。
楽曲で使われる弦楽器は常田(チェロ)と常田の兄(ヴァイオリン)が演奏している。
ストラヴィンスキーやプロコフィエフといったクラシック、ケンドリック・ラマーやフライング・ロータス、TABOO1といったヒップホップ、セロニアス・モンクやマイルス・ディビス、ロバート・グラスパーといったジャズや、Nirvana、ゴリラズ、アークティック・モンキーズやレディオヘッドからの影響をインタビュー等で公言しているが、BLANKEY JET CITYや、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTなどのバンドも好んでいる。井上陽水のような歌詞を書きたいと述べている[5][3]。

勢喜 遊(せき ゆう)

ドラムス、サンプラー、コーラス担当。1992年(平成4年)9月2日生まれ、27歳。徳島県阿南市出身。
プロミュージシャンの両親を持ち、幼少期から家にあった電子ドラムを叩いていた。小、中学生時代にはダンススクールに通い、ダンサーを志望していた。
高校からドラムにシフトした。上京後、セッションバーに通い新井と出会い、三味線デュオのいる輝&輝バンド初期メンバーとして参加。その後また別なミュージックバーで、当時Srv.Vinciのドラムを探していた常田と出会う。
サンプラーは常田の提案で始めている。
ブラックミュージックをルーツとし、ファンクを好み、ラテンを聴いていた時代もあった。また、The Mars Voltaなども好んで聞く。skillkillsや踊Foot Worksらとも親交がある。
常田のプロジェクトであるmillenium paradeにもバンドメンバーとして参加している。
2019年10月30日、三味線奏者の白藤ひかりと結婚したことを自身のInstagramアカウントにて報告した。なお、婚姻届の証人には同じKing Gnuのメンバーであり、二人の出会いのキッカケを作ったベース新井が担当した。

新井 和輝(あらい かずき)

ベース、シンセベース、コントラバス、コーラス担当。1992年(平成4年)10月29日生まれ、27歳。東京都福生市出身。東京都立青梅総合高等学校を経て、東京経済大学卒業。
14歳よりベースを始める。きっかけはバンドに誘われた際、ベースパートしか空いていなかったことから。当時はASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしていた[3]。高校入学後、日野賢二に師事。大学時代も音楽に没頭し、友人のいる国立音楽大学に通って授業を受け、音楽の知識を得る。国立音大公認の名門学生ジャズバンド、「NEWTIDE JAZZ ORCHESTRA」に参加(ギターとベースは外部から参加するのが通例だった)[1]、山野 ビッグ・バンド・ジャズ・コンテストで最優秀賞を受賞。大学4年よりジャズベーシスト河上修宅に住み込み修行を積んだ。King Gnuと並行して他アーティストのサポートや、ジャズのセッションマンとしても活動しており、元・椿屋四重奏の中田裕二のアルバムやDef Jam Recordingsからアルバムを出しているIO(KANDYTOWN)の音源にも参加している。また常田のプロジェクトであるmillenium paradeにも勢喜と同様バンドメンバーとして参加している。

 

井口 理(いぐち さとる)

ボーカル、キーボード、タンバリン担当。1993年(平成5年)10月5日生まれ、26歳。長野県伊那市出身。伊那市立伊那北小学校、伊那市立東部中学校、長野県伊那弥生ヶ丘高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。テノール。兄は声楽家の井口達。Srv.vinci時代の名義は191(いぐち)。他のメンバーの1歳年下だが、互いにタメ口で接している。
常田とは小学校、中学校が一緒の幼馴染。中学時代合唱部に所属し、常田と共にNHK全国学校音楽コンクールの全国大会に出場している(常田はマリンバも演奏)。常田曰く「嫌われない声」の持ち主[1]で、多くの人に届く声と評価している。最も好んでいるミュージシャンは七尾旅人。他にも、親の影響から井上陽水、チューリップ、オフコース、布施明、尾崎紀世彦、ポルノグラフィティなどの日本出身のアーティストを好んでいる[7]。少年時代に漫画『BANANA FISH』を読んでいた(2018年にこの作品のテレビアニメのエンディングテーマに「Prayer X」が使用される)。
ハモネプリーグ出演経験がある。バンドと並行して舞台俳優としても活動している[3]。
Twitterに面識のない著名人(後藤正文、ジャミロクワイ、ジャスティン・ビーバーなどと言ったミュージシャンは勿論のこと、NASAやローマ法王に至るまで)のアカウントにダジャレやKing Gnuのミュージックビデオといった無関係なリプライ送り付ける、シュールな一発芸を披露する、大の下ネタ好きであるなどメンバーの中では最も芸人気質が強いとされファンからはお笑い担当、ムードメーカーとしても認知されている。Mステ初登場の際は一人だけ酩酊したように全身を振り乱しながら階段を駆け下りる、演奏中に変顔をするなどのパフォーマンスの結果、当日のTwitterトレンドに井口に関するツイートが多数ランクインする事態となった。
2019年3月13日から『オールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)の木曜日パーソナリティーに就任している。
新井とルームシェアしている。
Mrs.Vinci、Srv.Vinci時代の元メンバー
固定メンバーは常田のみで、他メンバーは流動的だった。徐々に勢喜、新井、井口が加わり2015年に現在の形となる。

石若駿(いしわか しゅん)

ドラムス、シンセベース担当。北海道斜里郡清里町出身。1992年(平成4年)8月16日生まれ。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科打楽器専攻を首席で卒業。
常田とは大学の同級生。常田が主宰するmillennium paradeにも初期から参加するなど現在でも親交は続いており、盟友ともいえる存在である。勢喜や新井ともmillennium paradeなどでの親交がある。

King Gnu にとって待望のニューアルバムとなる『CEREMONY』

 

2019年に大躍進を遂げた King Gnu にとって待望のニューアルバムとなる『CEREMONY』には、YouTubeにてついに1億再生を突破した2019年を代表する楽曲「白日」をはじめ「飛行艇」「傘」など配信限定リリースされたキラータイトルの数々を一挙に初CD収録!さらにスマートフォン向けRPG『ロマンシング サガ リ・ユニバース』1周年を記念したTVCMソングとなる新曲「ユーモア」、Honda VEZEL新CM「PLAY VEZEL 昼」篇のCMソングとして放映が始まった新曲「小さな惑星」、映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』主題歌となる新曲「どろん」も収録される。

ロックバンド/King Gnu受賞歴

  • MTV VMAJ 2019-最優秀ビデオ賞「白日」
  • MTV VMAJ 2019-最優秀邦楽新人アーティストビデオ賞「白日」
  • MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード 2019-ベストジャパンアクト賞
  • 第61回日本レコード大賞-優秀アルバム賞「Sympa」

ロックバンド/King Gnuタイアップ

起用年 曲名 タイアップ
2018年 Vinyl パーソルテンプスタッフ「HAKEN ROCK!!」CMソング
Prayer X フジテレビ “ノイタミナ”『BANANA FISH』エンディングテーマ
2019年 白日 日本テレビ系 土曜ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』主題歌
Sorrows アサヒビール「ドライゼロ スパーク」CMソング
Hitman ANA グローバルCMソング
飛行艇 ANA 国内版テレビCM『ひとには翼がある』篇CMソング
ブルボン「アルフォート」CMソング
Teenager Forever ソニー『完全ワイヤレス型ノイキャンイヤホン WF-1000XM3』『ハイレゾウォークマン“NW-A100シリーズ』CMソング
小さな惑星 Honda「VEZEL」『PLAY VEZEL 昼夜』篇 CMソング
ユーモア スマートフォン用アプリゲーム『ロマンシング サガ リ・ユニバース』1周年記念TVCMソング
2020年 どろん 映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』主題歌

これからの活躍が楽しみですね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました