セブンルール、静岡のおでんのおがわ中津川真生子店、経歴、値段、料金やメニューは?

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

外がとっても寒いので、温かい料理が食べたくなりますね。
ほくほくのおでん・・・最高です。
7ルールで取り上げられたおでんのおがわ看板娘、中津川真生子さんについて調べました。

また、おでんのおがわについてもお店の場所などお送りします。

静岡を代表するB級グルメ「おでん」。静岡市内の中心街には、実に40軒以上が立ち並ぶ程だ。中でも、昭和23年創業の「おがわ」は、70年間以上継ぎ足されてきたスープが染み込んだ甘みのあるおでんが人気の7老舗店。そんな「おがわ」を切り盛りする看板娘・中津川真生子(47)に密着する。 ◎曾祖母の代から続く「おがわ」の長女として生まれた中津川は、意外なことに、「子供の頃は、おでんが大嫌いだった」と言う。「母が毎日忙しそうにしているから、家族皆でご飯を食べることもなかったし、外食に行ったこともなかった」。高校卒業後は実家を離れ、歯科衛生士として働いていた。しかし32歳の時、2代目の祖母が突然亡くなったことがきっかけで店に戻ってきた。 ◎現在は、三代目の母、弟の嫁と共に、3人で店を切り盛りしている。営業開始となる午前10時に向け、朝7時からスープの仕込みを始める。味付けはしょうゆのみで、70年以上継ぎ足してきた創業当時の味を守り続ける。1番人気は「牛すじ」で、多い時は一日1000本売れることもあるという。 ◎「大嫌いだったはずのおでん」を守る為、連日店に立つ中津川真生子の7つのルールに迫る!

「大嫌いだったはずのおでん」というのが意外です。

家の味を昔は苦手だったけど、大人になってから美味しく感じるものも確かにありますね。

おでんの「おがわ」を切り盛りする看板娘・中津川真生の7つのルールは

 

1. 糸コンニャクは結ばない。

 

2. お客様の自己申告を信じて会計する。

 

3. 毎日、おでんTシャツを着る。

 

4. 夕飯は3家族分まとめて作る。

 

5. 子供のお弁当は必ず手作り。

 

6. 移動中は『B’z』を聞く。

 

7. 365日、毎日、スープに火を入れる。

 

スポンサーリンク

おでんのおがわ看板娘、中津川真生子さんとは

静岡県出身47歳で、昭和23年創業の静岡おでん店「おがわ」の長女として生まれました。
高校卒業後は静岡を離れ、神奈川の専門学校に進み、卒業後は歯科衛生士として働いていました。

32歳の時、祖母の死を機に「おがわ」に戻り、母・光枝さん、弟の嫁・恵子さんと店を切り盛りしています。
元競輪選手の夫・大輔さんと2人の子供の4人家族で、好きなアーティストはB’zとのことです。

 

 

住所:

静岡市葵区馬場町38

 

TEL:054-252-2548

 

営業時間:10時~18時30分

※ネタが無くなり次第終了

※水曜定休(祝日の場合は営業)

 

座席数:

テーブル席15席、座敷席10名

 

アクセス:

JR静岡駅北口からタクシーで7分。

新静岡駅より徒歩約14分。

 

 

 

 

おがわの静岡おでん/メニューと値段

 

 

 

おがわのおでんは20種類以上

値段も90円からと、

とてもリーズナブルなのが嬉しいです。

 

 

それではメニューを見ていきましょう。

 

 

じゃがいも(90円/本)

 

こんにゃく(90円/本)

 

黒はんぺん(90円/本)

 

ごぼう巻き(90円/本)

 

さつま揚げ(90円/本)

 

たんご(90円/本)

 

しのだまき(90円/本)

 

しらやき(90円/本)

 

なると(90円/本)

 

すじ(90円/本)

 

ちくわ(90円/本)

 

こんぶ(90円/本)

 

だいこん(90円/本)

 

牛すじ(120円/本)

 

糸こん(120円/本)

 

たまご(120円/本)

 

厚揚げ(120円/本)

 

漁師魂(150円/本)

漁師魂(りょうしだま)太刀魚の小さいのをすり身にしたもののようですね^^

わりとリーズナブルですね。

寒い冬こそ美味しいおでん、食べたくなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました