GUの柚木治社長の年齢や経歴や大学、年収、子供は?野菜で失敗したとはカンブリア宮殿

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

 

カンブリア宮殿で本日放送されます。

スポンサーリンク

柚木治(ゆのきおさむ)社長の学歴、経歴は?

名前:柚木治(ゆのきおさむ)
生年月日:1965年
出身地:兵庫県
学歴:一橋大学経済学部卒業

一橋大学卒業後に伊藤忠商事・・・

絵にかいたようなエリートコース・・・

一橋大学卒業後、伊藤忠商事の会社に入社しています。後は以下の通りです。

1988年3月一橋大学経済学部卒業
1988年4月伊藤忠商事株式会社入社
1999年1月GEキャピタル・コーポレーション入社
1999年12月株式会社ファーストリテイリング入社
2000年3月同執行役員
2002年9月株式会社エフアール・フーズ代表取締役社長
2004年5月株式会社ファーストリテイリング執行役員
2007年12月株式会社ユニクロ執行役員
2008年9月株式会社GOVリテイリング取締役副社長
2010年9月株式会社GOVリテイリング代表取締役社長
2011年9月株式会社ジーユー代表取締役社長

ジーユー自体は2006年にファーストリテイリングとダイエーが業務提携して立ち上げたブランドです。

 

 

過去の野菜事業の失敗とは?

柚木社長のことを調べていると、野菜事業と出てきます。

しかも、番組欄にも、野菜事業失敗と・・・

その失敗事業というのが

2002年に立ち上げた「ユニクロ野菜」というものだったのです。

こちらの事業では、立ち上げて一年半で撤退しています。
天才経営者も失敗もあるとのことで少し安心してしまいます。

この時の赤字額は、26億円!!

責任を取って辞めようと辞表も提出したそうですが、そこを会長に止められます。
その時の引き留め文句は

「お金を返して下さい」
そりゃそうだ
興味深いエピソードですね。
そうして引き留めたからこそ今があるのですね。
ちなみに柚木社長は八百屋さんの息子さんらしいです。

「自分のような失敗した人間が上に立ったら、みんなが嫌な気持ちになる」
ファーストリテイリングの低価格衣料ブランド「ジーユー(g.u.:当時)」の「副社長になってくれないか」と、声をかけられた柚木社長は2008年当初、固辞し続けたが結局なったようですね。

 

 

ユニクロとGUの違いは?

2006年「ファーストリテイリング」と「ダイエー」の業務提携により立ち上げられたのが「g.u.」
現在の「GU」の前身ブランドです。
「ユニクロ」のノウハウを生かしつつ、ユニクロより低価格とのことです。

「ユニクロ」の廉価版でスタートした「GU」
軌道修正を重ね今の位置に定着しましたが「ユニクロ」との違いとは何でしょうか?
「ユニクロ」は定番商品がメインとなります。
長く着ることができるベーシックな物が多いのです。
「GU」はトレンド色が強いのが特徴です。
二週間で商品を入れ換えているので、
その時のトレンドは「GU」に行けば判るほど。
そして最大の違いは、価格と品質にあります。
「GU」は「ユニクロ」の半額から1/3の価格であり
「ユニクロ」は長く着る事を念頭に、しっかりとした生地で「GU」はワンシーズンで着倒す事を見越して、生地よりデザインを重視しているとのことです。

 

 

柚木治(ゆのきおさむ)社長の年収は

GU社員の年収は、
20代 平均年収400万
30代 平均年収1000万
40代 平均年収3000万
執行部 1〜3億前後
だそうです。
30代からの年収の上がり方が桁違いですね。
ユニクロ創業者の柳井会長の給料が
2億4千万と言われていますので、
柚木社長は、同等かそれ以上だとも言われています。

すっご~い

でも40大000万って・・・

そこまで行くとやる仕事も幹部並みってこと?

中途採用でも?20代しか採用しないの?

これは本当のことなのでしょうか。疑問がわきますね。

以前、20代の若い店長のストーリーがテレビでやっていましたが、現場は若手中心ということなのでしょうね。

 

過去のインタビューの中に、お子さんの話題があったので、いらっしゃると思います。

忙しそうですが、ご家族もきっと納得し仲の良い家族なのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました