大阪大学、澤芳樹教授wikiプロフィール、出身高校大学、経歴や学歴息子は?

スポンサーリンク
エンタメ情報
スポンサーリンク

情熱大陸【澤芳樹/「心臓病では死なせない」iPS細胞で切り開く再生医療の未来】
2020年2月2日(日) 23時00分~23時30分の内容です。

スポンサーリンク

大阪大学医学部附属病院、心臓血管外科 澤芳樹教授とは

心臓移植や補助人工心臓治療のエキスパートとして数多の心不全治療を行う一方で、「患者さんご自身の心臓を治したい」という強い思いから再生医療を用いた治療開発に力を注ぐ。シート状に培養した筋芽細胞を心臓へと移植する研究を重ね、世界初となる心不全治療用の再生医療製品「ハートシート」を生み出した。これを用いた治療を受けるため、国境を超えて訪れる患者も多い。現在、ハートシートでも救えない重症心不全の患者に対するiPS細胞を用いた治療開発に取り組んでいる。

大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科 教授

澤 芳樹 さわ よしき先生

澤芳樹教授のwiki風プロフィールと学歴

プロフィール
  • 名前:澤 芳樹
  • 生年月日:1955年7月3日
  • 出身地:大阪府
  • 職業:大阪大学心臓血管外科教授
  • 専門:重症心不全、弁膜症、先天性心疾患、心臓血管領域の再生医療など
学歴
  • 1974年:大阪府立三国ヶ丘高校 卒業
  • 1980年:大阪大学医学部 卒業

 

大阪府堺市にある三国ヶ丘高校は偏差値73もあり、たいへんな進学校であることがうかがえます。

校訓「自主自立」のもと、自由な校風として知られています。(進学校は自由な校風が魅力なところも多いように感じます。それぞれの自主性を信じ、任せられるということでしょうか。

そして、大阪大学医学部卒業!さすがです。

 

現在、教授はハートシートでも救えない重症心不全の患者に対するiPS細胞を用いた治療開発に取り組んでいるとのこと。

さすが、心臓病で亡くなる人を0にという想いを持っていらっしゃるだけあります。
今後も、たくさんの研究をし、人を救ってほしいものですね。

 

澤芳樹教授の専門、経歴など

専門医
心臓血管外科修練指導医
胸部外科指導医
日本外科学会指導医
日本脈管学会専門医
難病指定医
身体障害者指定医
賞与 /受賞歴
平成1年 : フンボルト財団奨学金
平成9年 : 日本医師会研究助成費
平成12年 : テルモ科学振興財団助成金
平成15年 : 第2回近畿循環器疾患助成金
平成15年 : 三井住友生命助成金
平成16年 : 第3回トヨタ共同研究技術
平成18年 : 日本バイオマテリアル学会賞
平成21年 : 文部科学大臣科学技術賞
平成26年 : 大阪大学総長顕彰
平成27年 : 日本再生医療学会賞
平成27年 : Circulation Journal Awards
平成27年 : 大阪大学総長顕彰
平成28年 : 厚生労働大臣賞
平成28年 : 日本医師会医学賞
経歴
昭和55年3月 : 大阪大学医学部卒業
昭和55年4月 : 大阪大学医学部第一外科
昭和58年1月 : 大阪府立母子保健総合医療センター心臓外科
平成1年10月 : フンボルト財団奨学生としてドイツMax-Planck研究所心臓生理学部門、心臓外科部門に留学
平成4年2月 : 大阪大学医学部第一外科助手
平成10年4月 : 大阪大学医学部第一外科講師
平成14年8月 : 大阪大学医学部臓器制御外科(第一外科)助教授
平成14年8月 : 大阪大学医学部附属病院 未来医療センター 副センター長
平成18年1月 : 大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座
平成18年1月 : 心臓血管・呼吸器外科(第1外科)主任教授
平成18年4月 : 大阪大学医学部附属病院 未来医療センター センター長
平成19年4月 : 心臓血管外科主任教授(外科講座再編にともなう)科長
平成19年4月 : 大阪大学医学部附属病院 病院長補佐
平成22年6月 : 大阪大学臨床医工学融合研究教育センター センター長
平成22年8月 : 大阪大学医学部附属病院 未来医療開発部 部長
平成24年4月 : 京都大学iPS細胞研究所 特任教授
平成25年4月 : 京都大学iPS細胞研究所 アドバイザー
平成25年4月 : 大阪大学大学院医学系研究科 副研究科長
平成25年5月 : 大阪大学医学部附属病院 国際医療センター センター長
平成26年4月 : 京都大学iPS細胞研究所 科学アドバイザー
平成27年3月 : 一般社団法人日本再生医療学会 理事長
平成27年4月 : 大阪大学大学院医学系研究科 研究科長・医学部長
平成27年4月 : 金沢医科大学 客員教授
平成27年5月 : 順天堂大学 客員教授

大阪大学 心臓血管外科

心臓病の患者は、ほとんどの場合、心不全で亡くなることが多い、心不全は心臓移植、もしくは人工心臓でしか治せない疾患だった。
しかしハートシートでも救えない重症心不全の患者に対するiPS細胞を用いた治療開発に取り組んでいるとのことで、澤教授の研究結果が近い将来発表されることでしょう。

 

澤芳樹教授の息子、澤宏樹さんとは


調べてみると、息子さんはお父さんである澤芳樹さんが卒業して今も勤務している大阪大学に在学されていました。

 

・名前:澤 宏樹
・出身高校:甲陽学院高等学校
・在籍大学:大阪大学医学部歯学部
・部活:ラグビー部

 

息子さんの宏樹さんは甲陽学院高等学校卒業後、お父さんである澤芳樹さんの母校であり勤務先である大阪大学へと進学されています。高校はお父さんとは違いますが、こちらの甲陽学院高等学校も有名な進学校で偏差値は64ほどある中高一貫の私立学校なのですね。

息子さんは現在、大阪大学の歯学部でラグビー部に所属されているそうです。
勉強も運動も一生懸命な様子がうかがえますね。

 

以上、

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました